現在専門の歯科医学会では、 顎関節症、咬合関連症候群、咬合不安定症の悪化させる要因とは、単独ではなく、患者さんによりいろいろ重なっています.おもに4つの原因の複合型です.

  • 1,日中の無意識の噛みつづけるクセ/無意識のくいしばり/歯と歯をこすり合わせるグリグリ検査 =日中のTCH

  • 2,頬杖 寝方の悪さ うつ伏せ寝 枕が合わない など 姿勢や態癖の悪さで アゴに力がかかる  =態癖

  • 3.夜間の強いハギシリ・くいしばり/俗に悪いハギシリは200〜300キロの力で噛んで歯を壊す=夜のハギシリ

  • 4.上下の咬み合わせのバランスの悪さ/歯並びの悪さ/舌癖/口呼吸/開咬などの歯列不正 =歯と歯の接触の悪さ

================================================================

Pasted Graphic 1

顎関節症
食いしばる癖 アゴに負担

顎関節症で開口訓練の方法を指導する(東京・お茶の水の東京医科歯科大歯学部付属病院顎関節治療部で)
東京都板橋の主婦Aさん(44ものころか、口を開くと関節がカクと鳴った。20代後半になると、硬い物を食べたり、横向きで寝たりした翌日、あごの関節や筋肉が痛むようになってきた。
 「歯列を矯正すれば治るよ」という歯科医の助言で2年続けたが治らない。ある大学病院の口腔(こうくう)外科に行くと、あご関節でクッションの働きをする軟骨「関節円板」が前方にずれた顎(がく)関節症と診断された。睡眠中にスプリント(歯科用マウスピース)を着けて、かみ合わせを変え、あごへの負担を減らす治療4か月続けたが、これも効果なし。

良い治療に出会えないまま時は過ぎ、2年前に症状が悪化した。口が開けづらく、しゃべるだけで痛む。インターネットで専門家を探し、東京医科歯科大歯学部付属病院(東京・御茶ノ水)を受診した。

 同病院顎関節治療部の
木野孔司さんによると、顎関節症では主に、あごの痛みや口が開けにくいという症状が問題になる。口を開け閉めすると音がするのも症状の一つだが、不都合がなければ治療はいらない。

 
原因は、食いしばりや歯ぎしり、片側だけでかむ、うつぶせ寝などあごの関節や筋肉に負担をかける癖だ
患者の過半数に関節円板の前方へのずれが見られるが、関節に異常はなく、ほおの筋肉のこわばりが症状を引き起こすことも多い。

 「残念ながら、確実な治療法はない」と木野さんは言う。かつて、矯正や外科的な治療法がはやったが、再発や悪化する例も多く、最近は減った。
スプリントも効果は不明だ。そこで同部は、
癖の修正と口を開く訓練を治療の柱にしている。

 本来、口を閉じても上下の歯には少しすき間がある。しかし、顎関節症患者の7割は、緊張時に歯を接触させる癖がある。それだけで、あごの筋肉が緊張し、関節に負担がかかる。

 意識して上下の歯を接触させないようにし、口を開けにくい場合は、毎日3~4回、痛みを我慢して30秒ほど口を開け、顎関節の血行を良くして状態を改善してもらう。

 Aさんは家中に「あごリラックス」と書いた紙をはって気をつけ、毎日、訓練を続けた。
すると2か月半で、あごが気にならなくなるほどに改善した。木野さんは「2か月程の接触癖の是正や開口訓練で、良くなる患者が多い」と話す。
顎関節症を改善する様々な取り組みを紹介する。(このシリーズは全6回)
(2009年3月30日 読売新聞)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無意識のくいしばり,歯ぎしりの強い方へ  

 認知行動療法歯と歯を強くこすり合わせて接触させるグリグリ(?? 検査)をしたがる人へ 
無意識のうちに 歯と歯を接触しているクセTCHのある方へ

くいしばりの強い方へ グリグリ検査は 止めて !!!


咬み合わせが不安定な方で,強く食いしばったり,
歯と歯を強くこすり合わせて接触させるグリグリ
(?? 検査)をしたがる人へ
ガッテン
>>>   http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains/2043

咬み合わせを補整するブラスチックのスプリントを入れているときも,外したときもグリグリと歯と歯を強く接触させて 安定感を調べたがるクセを持っている方がいます.
実は こういう方は 大変 治りがよくありません.
自分で確かめるように くいしばりのグリグリ検査していると 噛みしめによる筋肉痛が起こります.少しでも 合っていないと,満足しません.実は
100点を目指しても歯科治療には,ある程度の限界があります.

弱く小さく咬んで調べるぱパパパパ診断は,してもかまいません.
たいして 力が入りませんので.体操をした後に なさってみてください.

強く力が入りすぎる グリグリ検査は 控えてください.悪化させます.
歯の端が欠けて飛びます.歯が破損し 摩耗します.
 なにより筋肉が疲労します.後で強い筋肉痛が起こします.
どんなによいかみ合わせをバランスを取っても
 摩耗しますし 破損もします.悪循環になります.

日中は,「

唇は付けても 奥歯は 強く食いしばらない.歯と歯を接触させない.アゴをリラックス

」することです.
呪文のように 口の中で言ってみてください.
 
強く咬みたいときは,食事を ゆっくりと一口
30回咬んでください.
 または,チューブ体操やガムなどを左右 交互に 均等に咬んでみてください.
splint_up01


スプリントを入れていたら,ダイレクト・スプリント治療したら 前よりも少し安定していたぞ 前より良いぞと感じとることです.
  プラスのサイクルに入る考え方を勧めます.
スプリントを入れていても,食いしばらないことです.
つばを飲み込むとき,歯と歯は,無意識的にそれなりの力で接触します.
 仕方ありません.それはかまいません.

まだ不安定ではないかと,だめ出しするように,強く食いしばったり,歯と歯を強くこすり合わせる グリグリ検査は,絶対におやめください.
不安定なところを探しつづけ,すりつぶしてしまいたいと思って
力を入れて食いしばったり,
またまだ不安定だぞと熱心に探し続けると 負の悪循環に入ります.
強い力での歯と歯のくいしばりは,症状を悪化させます.

少しだけ咬み合わせが甘くても,
意識的に強い力で食いしばらない限り 悪化しにくいのです.

腹式呼吸して ガムや食事で 一口
30回 左右交互に 良く咬んでください.

そして ときどきパパパパ検査をしてみましょう.
結果をメモしておいてください.
スプリントを入れても,強く食いしばっては いけません.
パパパパ検査は,良いですよ.かまいません.
少しづつですが,
丁寧に 少しでもバランスが取れるように 咬み合わせの治療をしていきます.
スプリントも いままでま クセが減り,バランスがよくなるように調整していきます.
強い力で食いしばったりするグリグリ検査は,起きているときは,極力控えてください.
 首の周りに多数ある交感神経が緊張しやすく,自律神経にもよくありません.
よくすることも,悪化させるのも,
 強い力でのくいしばりと咬み合わせと関係しています.

 <<<<<< ポイント >>>>>>>>

1.
意識的に歯と歯を強く接触させる くいしばりや グリグリ検査は,絶対に控える.

2

上下の唇は付けても 奥歯は 噛みしめないこと 奥の歯と歯を接触させないこと.



3.
 ガムや食べ物を 左右均等に咬んでますか.
  左右の差が 6 4なら 良いのですが,
  無意識のうちに  
82か 91の割合で咬んでませんか

4.
食事は,ゆっくり 一口30回咬んでください.
  右で5回 左で5回,右で5回 左で5回,後は自由に10回咬んでみてください.

5.
スプリントを入れたら,奥歯を意識的に接触させない,食いしばらないという,暗示をかけてください.
 呪文 マントラを唱える
 「
スプリントをしていないときは,上下の唇を付けても奥歯はくいしばらない」 
鼻呼吸を.腹式呼吸を.

6.
 スプリントを入れて 時々 アゴの体操をして 
  スプリントを入れたり,外したり,パパパパ検査をしてみる.
  頭を上げて.寝た位置で.起きて.体操をした後で.
  左右差があれば,メモをする.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
家庭で注意したいことは

生活習慣として家庭で注意したいことは

1.咀嚼指導 ・・片方でばかり食べずに,アゴを左右交互に良く噛むようにしましょう.
  一口噛むごとに箸をおいて,30回噛む
2.食事指導--野菜や硬い物も良く噛んで食べましょう.
3.
生活習慣の注意 ・真っ直ぐに背筋を真っ直ぐして正しい姿勢を取るようにしましょう.
・うつ伏せ寝,頬つえは,やめましょう.
・鼻での腹式呼吸をしましょう.口呼吸ではなく 鼻呼吸をすること
4.ムシ歯や歯の抜けたままで放っていずに,治療しましょう.
5.
前歯の歯並びだけでなく,奥歯のバランスの不正咬合に注意しましょう.
6.
歯科治療にも問題があります
  冠をかぶせたり,ブリッジ,インプラント,歯列矯正などで噛み合わせが不安定になったとき,要注意して下さい.
 
ガムなどでで
.左右の奥の歯で均等に噛むように心がけてください

ホームケア


 1.アゴの体操/カムカム体操
   左右両方の歯で噛む
.咬む回数を増やす(チューブ,シリコンゴム,ガム,など利用)
 2.アゴの体操/アゴのクセ取り体操(前後,左右,開閉に動きやすくする体操)    
     全身の姿勢を良くする体操

咀嚼訓練
腹式呼吸  NHKためしてガッテン 
>>>


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここまで読んで頂きありがとうございます
参考になれば.

~~~~~~素敵なあなたに ~~~~~~~ 
never give up !!!
すなおになれば 明日が見える.
すなおになれば 勇気が出てくる
すなおになれぱ 強くなる.
~~~~~素敵なあなたに 幸せがおとずれますように ~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本顎関節症リハビリ研究室 in 仙台
link-arrow  http://kamiawaseha.com  かみ合わせ歯  メイン
link-arrow http://heartland.geocities.jp/neckpain_teeth
link-arrow http://www32.ocn.ne.jp/~tmdimpant 

川村歯科・かみ合わせ矯正歯科医院
link-arrow http://milky.geocities.jp/kamiawaseha
〒983-0023
仙台市宮城野区福田町1-2-3
  電話 FAX 022-259-3022
eメール kamiawase@gmail.com かみ合わせ
    インプラント外来   
●ビデオ link-arrow http://jp.youtube.com/keepsmile31
●ブログ link-arrow http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~